レビュー欄に散見する「提供品」Amazon Vineメンバーとは

どうも、提供って憧れますね。ノブトヨム(@nobutoyomu)です。

先日Amazonで購入しようとした商品。レビューを見ると全てが「提供して頂いた」という文面から始まっているのに驚きました。

メーカーが時折、商品を提供してレビューを頼むということは知っていましたが、ここまで浸透しているとは。

そこで今回は、Amazonが正式に導入しているAmazon Vine先取りプログラムについて紹介していきます。

スポンサーリンク

Amazon Vineは?

160429-amazonvine02

Amazon VineとはAmazonが正式に導入しているプログラムのことです。

メーカーがAmazon Vine先取りプログラムに商品を提供し、プログラムに参加しているメンバーがレビューするというもの。

多種多様な商品がメーカーから提供されており、Amazonを利用してきた方はレビュー欄にて「提供して頂いた」という文面を見た経験があるのではないでしょうか?

このAmazon Vine 先取りプログラムはメーカーとレビュアーの間にAmazonが介入しており、商品の発送などもAmazonが行なってくれるそうです。

なのでレビュアーはAmazonから届けられた商品を受け取り、今まで通りレビューをAmazonに書く。

色々な商品を先取りして体験、そのまま頂けるというのはかなりのメリットですよね。

レビューの無い商品を買うのは躊躇しますが、このAmazon Vine先取りプログラムによりレビューが投稿されている商品が多くなることで消費者にとってもメリットが出てくるでしょう

Amazon Vineになるには?

160429-amazonvine03

Amazon Vine先取りプログラムに参加するには、Amazonから招待が来なければなることは出来ません。

つまり、Amazonに優秀なレビュアーとしてスカウトして貰わなければならないのです。

では、どれほど優秀ならばスカウトして貰えるかについてですが、これには具体的な決まりは無いようです。

レビュー数は勿論、多いに越したことはないでしょう。
巷では「レビューランキング1000位以内に入っていなければスカウトは来ない」とも言われていますが、もっと下のランキングの方でも招待が来たという報告があります。

参考になったという投票やAmazonで利用した金額など、色々と情報は飛び交っています。

Amazon Vine先取りプラグラムの紹介ページには以下の文があります。

「Amazon.co.jpは本プログラムのメンバーの意見に対し影響力を持つことはなく、メンバーのレビューを修正または編集することはありません」

この信頼を貰うためには、一つ一つ商品のレビューを真摯に書いていくことがAmazon Vineメンバーへの第一歩でしょう。

変なレビューを過去にした方は、過去のレビューも信頼に響くかもしれないため消したほうが良いのかもしれませんね。

Amazon Vineの現状

160429-amazonvine04

僕がAmazonで良く見るのがPC関連なのですが、PC関連に限ると中華系企業の商品はAmazon Vineに多く提供されているように感じます。

一つの商品に対して10近くの提供レビューを見かけますので、結構な費用を割いているようですね。

これから中華系企業の商品は更に多くなるでしょう。Amazon Vine先取りプログラムでレビューを書いている人も多くなってくるのではないでしょうか。

ただ、流石にすべてのレビューが提供されているものだと100%信頼出来ないと思うのも事実。現状でも、その印象が多々見受けられます。

どこかでプログラムの転換期が訪れるでしょう。

まとめ

160429-amazonvine05

さて、今回はAmazon Vine先取りプログラムの紹介記事でしたが如何だったでしょうか?

コレを知ってから、僕もAmazonで購入したものはレビューを書くようにしています。

「もしかしたら?」と密かに目標を持って書いていると楽しいもので、参考になったボタンを初めて押して貰えた時は結構嬉しくて遣り甲斐も感じました。

Amazonを利用している皆さんは、買うだけで満足していては勿体無い。ちょっとだけレビューを書く癖を付けてみてはどうでしょうか?

それでは、お疲れ様でした。

[amazonjs asin=”B00B62NXFU” locale=”JP” title=”短くて分かりやすい素敵レビューの書き方”]