ブログを開設する人へ! ブログタイトルは英語と日本語どっちが良いか

『余リ者ノ渇愛』を脳内メーカーで診断した結果

どうも、クソみたいなブログタイトルでブログを開設してしまい後悔と懺悔を繰り返す男、ノブトヨム(@nobutoyomu)です。

今になって自分で言うのもなんですが『余リ者ノ渇愛』って何ですか?

試しに脳内メーカーで調べてみたのが上の画像です。「どっどどど、童貞ちゃうわ!」と言っているかのようなブログタイトルですね。

さて、今回は僕みたいな被害者を未然に防ぐために、ブログを開設する際のブログタイトルは英語と日本語のどっちが良いかについてです。

「名前なんて何でもええやん?」と思う方もいるでしょうが、ブログタイトルは今後のブログライフにかなり影響が出るので、是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

ブログタイトルを日本語にした場合

ブログタイトルを日本語にした場合のメリット

初めてのブログだと、ほとんどの人が日本語で考えているのではないでしょうか?

まずはブログタイトルを日本語で考えた場合、どのようなメリットがあるかを考えていきましょう。

独自ドメインが取りやすい

日本語のブログタイトルは英語に比べて、かなり独自ドメインが取得しやすい印象があります。

日本語のブログタイトルで独自ドメインを取得する場合、ローマ字読みや短縮形でドメインを探せるので英語圏の人たちと競合しませんからね。

実際に当ブログのドメインも短縮形で取得しています。

ドメインは早い者勝ちなので、単純な英語だと求めている独自ドメインは取得できない可能性が高いです。

ブログ全体の内容が通じやすい

日本語でブログタイトルを考えた時、1番の強みはブログ全体の内容を伝えやすいことでしょう。

記事のジャンルに一貫性があれば、ブログタイトルと相まって読者にどんなブログなのか伝えることが出来ます。

ブログタイトルでどんなブログかわかってもらえれば、RSSの検索やSNSの検索にも強く読者の増加が見込めるでしょう。

ブログタイトルを英語にした場合

ブログタイトルを英語にした場合のメリット

メディア系のブログを開設しようとしている人は英語でブログタイトルを考えているんじゃないでしょうか?

続いては英語でブログタイトルを考えた場合、どのようなメリットがあるかを考えていきましょう。

ブログデザインがオシャレにしやすい

ブログを開設すると、次に悩むのがブログデザイン。ここで日本語のブログタイトルだとデザインの幅がかなり縮まってしまいます。

もちろん、デザイン力に自信があるなら日本語でもオシャレなブログにすることは可能ですが、手っ取り早くオシャレなデザインにするなら断然英語です。

日本語はフラットデザインとも相性が悪く、ロゴを作るのも一苦労。フォントの種類も考えると英語の方がデザインには向いています。

英語の方が応用しやすい

英語のブログタイトルは日本語のブログタイトルに比べて、他のサービスと連携が取りやすい印象です。

ブログ以外に各種SNSなどと連携する場合、サービスによっては日本語でのページ作成が出来ない場合があります。

英語でのブログタイトルは日本語に比べて、応用が利くのでブログを継続する上で困ることが少なくなるでしょう。

ブログタイトルは一長一短

ブログタイトルで日本語と英語は一長一短

ブログタイトルは日本語と英語のどっちが良いかについて、僕の結論としては英語をオススメします。

僕自身、現在のブログタイトルでデザインに悩んだので英語の利便性は羨ましい限り。

兎に角、ブログで収入を得たいと考えているなら、内容が伝えやすくSEOにも有利な日本語でブログタイトルを考えたりするでしょう。

要はブログで何をしたいのかによって日本語と英語でブログタイトルを考えてみることが必要です。

間違っても、当ブログのような意味不明なブログタイトルは付けないように注意して下さい。

それでは、お疲れ様でした。

[amazonjs asin=”B01MQUNN45″ locale=”JP” title=”Web文章の書き方: SEOで集客する記事タイトルと見出し (RJ Books)”]