「IFTTT」を利用した画像付きブログ更新ツイートが便利過ぎたよ

どうも、ツイートすることが悩みしかありません。ノブトヨム(@nobutoyomu)です。

今回は納得していなかった Twitter でのブログ更新ツイートに対する悩みが、先日解決したので報告ついでに御紹介したいと思います。

僕が悩んでいたのは画像がリンクに埋め込まれた Twitter カードでは、更新ツイートに画像が表示されない場合があることです。コレを解決するためにはツイート自体に画像を添付するしかありません。

そこで悩みを解決してくれたのが「IFTTT」という Webサービス。

そんな訳で今回は「IFTTT」を利用した画像付きツイートの方法を御紹介していきます。

スポンサーリンク

Twitterカードで拡散する問題点

まずは Twitter カードで更新ツイートした際の問題点について。

Twitter カードはリンク自体に画像が埋め込まれており、見る人のTwitterクライアントによって表示されない場合が多々あります。

これを解決するには、アイキャッチ画像自体をツイートに添付する。もしくは全ての Twitter クライアントが対応される世界を夢見るしかありません。

更新ツイートには絶対にアイキャッチ画像を表示したいと思う方は、是非「IFTTT」を利用した方法を試してみることをオススメします。

「IFTTT」で画像付き自動ツイートする方法

今回は「IFTTT」を利用した方法となりますので、まずは登録だけ済まして下さい。

登録方法については、メアドやパスワードを入力するだけなので今回は省かせていただきます。

取り敢えず登録をしたらマイページから「New Applet」をクリックして設定に進みます。

「New Applet」をクリックすると、上記のような画面が表示されます。

ここでアクションのトリガーを決めるため、青色の「+this」をクリック。

すると色々なWebサービスが表示されますが、オレンジ色の「RSS」を探して選択しましょう。

すると次は「RSS」の挙動で、どれをトリガーにするかを選択します。

今回は「RSS」が更新されたら、つまり自分のブログが更新されたらツイートをしたいので「New feed item」を選択して下さい。

すると URL を入力する画面が出ますので、自分のブログの RSS用 URL を入力して下さい。

このブログの場合だと feedly を利用しているので「https://amakatsu.net/feed/」を入力しました。

これが入力し終わったら、トリガーを決める作業は終了です。

それでは続いてアクションを設定していきましょう。今回は「Twitterに画像付きツイートをする」がアクションになります。

上記の画面で「+that」をクリックすると、先程もあったように Webサービスが表示されます。

ここで「Twitter」をクリックすると幾つかのアクション項目が表示されますが「画像付きツイートをする」は左から2番目の「Post a tweet with image」になります。

これを選択するとページが変わりツイートの内容画面に変わります。

既に画像リンクと記事タイトルの入力がされているので、横にある「Ingredient」をクリックして記事へのリンク「Entry Url」をツイート内に追加しましょう。

もし更新ツイートに「ブログ更新しました」等の文を入れたい場合も此処で入力しておけば自動でツイートされます。

後は「Create action」を押せば作業は終了です。

ブログ自体に問題が無ければ、記事を更新する度に画像付きで記事リンクを載せた更新ツイートが行われるようになります。

画像が表示されない時の対処法

最後に「IFTTT」で登録したのに、ブログを更新してもツイートはされど画像が表示されない場合があります。

これは WordPress の設定で「RSSに表示する内容が抜粋のみ」になっている場合です。

この設定を「RSSに全文載せる」に変更すれば、ツイートにも画像が表示されるようになりますので、詰まってしまった方はお試しください。

「IFTTT」はTwitterだけでなく、Facebook などにも自動で更新投稿が出来ます。

折角なので、今回の登録ついでに便利なWebサービス「IFTTT」を活用していってはどうでしょうか?