ミステリー好きはハマるかも? 方言女子日常漫画『じけんじゃけん』

じけんじゃけん 表紙 アイキャッチ

どうも、読む小説はミステリーが8割。ノブトヨム(@nobutoyomu)です。

先日ネット上で少し気になる漫画を見つけ購入したので紹介していきます。

今回紹介する漫画はヤングアニマルコミックスから『じけんじゃけん』という漫画。

ミステリーが題材に扱われている漫画で、ミステリー小説好きは「フフッ」と笑ってしまうギャグコメディ漫画です。

「いつもは小説ばかりだけど、たまには漫画でも読もうかな」といった息抜きにオススメな漫画『じけんじゃけん』を軽く紹介していきましょう。

スポンサーリンク

ミステリーが散りばめられた日常漫画

じけんじゃけん 帯

今回紹介する漫画『じけんじゃけん』はミステリーを題材とした日常漫画で、本格的な推理をしたりといったミステリー漫画ではありません。

頭脳明晰、容姿端麗なのにミステリーが絡むとポンコツ女子になってしまう先輩。そんな彼女を慕う後輩男子が織り成すギャグコメディ漫画です。

似た設定では『手品先輩』などがありますが、その他の漫画と『じけんじゃけん』が違う点は題材にしたミステリーのネタを中心に話が構成されている点でしょうか。

話の流れやオチがミステリー小説あるあるだったりするので、お決まりの流れでキャラクターがどうするのかを見て楽しむ漫画だと思います。

広島弁の可愛さを知れる

じけんじゃけん 広島弁

『じけんじゃけん』とタイトルでも書かれている通り、作中では広島弁が飛び交っています。

この方言を可愛いと見るかどうかは人によるところでしょう。僕個人としては広島弁の可愛さを『じけんじゃけん』で発見しました。

変に媚びていないというのか、素の感じの言葉が女の子の魅力を引き立てており「あっ、広島弁って良いかも」と思ってしまう魅力がキャラクターのセリフから感じます。

僕自身、広島出身では無いので定かではありませんが、日常漫画として広島弁の日常が忠実に書かれているような漫画なのかなと思いました。

今後のネタがどうなるのか注目

じけんじゃけん 単行本 1巻

今回『じけんじゃけん』の1巻を読み終わって感じたことは、今後のネタに注目かなといった印象です。

ミステリー自体を題材とした作品で有名所だと、小説になりますが東野圭吾さんの『名探偵の掟』などでしょう。

今後の話で『じけんじゃけん』がミステリーあるあるネタを、どこまで深く掘り下げるのかが注目したポイント。

日常主体の話になると『手品先輩』などの類似作品と変わらなくなってしまうような気がします。出来れば今後も、どんどんミステリー小説ネタを独自の視点で描いて欲しいですね。

活字に疲れたミステリー小説ファンは、息抜きとして漫画『じけんじゃけん』を読んでみては如何でしょうか?

[amazonjs asin=”B01M66WHS2″ locale=”JP” title=”じけんじゃけん! 1 (ヤングアニマルコミックス)”]