【レビュー】中華メカニカルキーボード「Koolertron Z-77」を購入しました

Kooltron Z-77 アイキャッチ レビュー

どうも、光り物が好きな子供心を持っています。ノブトヨム(@nobutoyomu)です。

現在、僕のPC周りは2011年のMacBook Proをメインに外部モニターを繋げている状態です。

流石にもう動画編集やMIXなど重い作業を頻繁にしないので、なんとか古いMacBook Proでも運用出来ていますが、正直そろそろ別のPCが欲しいですね。

さて、今回はPC周りをキーボードだけでも変えたいと思いまして、Macに外付けするために新しくキーボード「Koolertron Z-77」を購入したのでレビューしていきます。

スポンサーリンク

Macに最適な外観と高コスパな仕上がり

Kooltron Z-77 アイキャッチ レビュー

今回購入したのは「Koolertron」という中華メーカーのメカニカルキーボード。外観はメタリックにホワイトキーといったMacにピッタリな外観をしています。

同じ型番で他にもブラックカラーや虹色バックライトタイプがあったんですが、Macに合わせるならホワイトかなと思ったのでこちらにしました。

メカニカルキーは青軸でかなりタッチが軽く、打鍵音もかなりのものです。注意したいのはメカニカルスイッチで定番の「Cherry軸」ではないところでしょうか。

打鍵感の違いは小さく、正直どっちでも良いかなと僕は思いました。今までメカニカルキーボードを使ったことがない人は打鍵感の良さに虜になるでしょう。

発光パターン豊富なバックライト

Kooltron Z-77 打鍵感 バックライト

「Koolertron Z-77」はキー裏面にLEDバックライトが搭載されており、暗い部屋でも視認性は抜群です。

発光パターンも数種類用意されており、常時点灯モードやゲーミングモード、打鍵したキーが発行するモードなの多種多様です。

PC内部、車の中を電飾で飾りたいような光りモノ好きな方は絶対に気に入るキーボードでしょう。

中華メーカーはコスパが総じて良い

Kooltron Z-77 付属品 マウスパッド

今回購入した「Koolertron Z-77」には付属品として替えのキーとマウスパッドが同梱されていました。これで実売4,500円というのは脅威の価格設定ですね。

メカニカルキーボードでLEDバックライトも装備しており、付属品も充分となると大手メーカーには出せないような製品だと思います。

中華メーカーのガジェット総じてコスパが良く、特に高級感を出すのが上手いように感じます。Youtubeなんかを見てみると欧米のギークに支持が多く、レビュー動画も沢山見ることが出来ます。

スタイリッシュなMacのガジェットには高級感がどうしても必要。そう考えると、高級感を出すのが上手い中華メーカーはMac周りを揃えるのに良い選択でしょう。

それでは、お疲れ様でした。

[amazonjs asin=”B010V4YJVA” locale=”JP” title=”メカニカルキーボード ホワイトLEDバックライト付き 青軸採用 9種類発光モード調節可能 アンチゴースト機能搭載 87キーUSBゲーミングキーボード (ホワイト)”]