【レビュー】中華イヤフォン「KZ(Knowledge Zenith) ZST」を購入しました

KZ Knowledge Zenith ZST レビュー アイキャッチ

去年から少し話題になっていた中華イヤフォン「KZ(Knowledge Zenith) ZST」を購入してみました。

今回は3,000円以下で1BA+1DD搭載のハイブリッドドライバイヤフォン「KZ(Knowledge Zenith) ZST」をレビュー。

それでは早速、「KZ(Knowledge Zenith) ZST」の外観からチェックしていきましょう!

スポンサーリンク

「KZ(Knowledge Zenith) ZST」外観チェック

KZ Knowledge Zenith ZST レビュー 付属品

まずは「KZ(Knowledge Zenith) ZST」の外観を細かくチェック!

「KZ(Knowledge Zenith) ZST」はブラックとパープルの2色展開ですが、今回僕が購入したのはパープルカラーです。

ハウジングの色味、ケーブルの素材感など参考にしてみてください。

ビビッドなハウジングカラー

KZ Knowledge Zenith ZST レビュー ハウジング

僕が「KZ(Knowledge Zenith) ZST」を購入した理由の1つ。それがこのビビッドカラーのハウジングです。

少し見えづらいですが、透明なハウジングからしっかりと2基のドライバが覗いており気に入っています。

僕自身はパープルカラーに一目惚れしましたが、あまり派手なイヤフォンが好きじゃない人はブラックも良いんじゃないでしょうか?

取り回しの良いキモいケーブル

KZ Knowledge Zenith ZST レビュー ケーブル

ちょっと悪口みたいですが、このケーブルめちゃくちゃキモいです。

ただ、ケーブル自体の質は柔らかくて絡まりにくそうな材質で、取り回しが非常に良いと感じました。

当初はリケーブルを考えていたんですが、このキモい見た目も逆に好きになってしまうくらい取り回しが良いので、当分はこのままにしておく予定です。

好みが分かれるイヤーチップ

KZ Knowledge Zenith ZST レビュー イヤーチップ

付属のイヤーチップは先端部分が今まで見たことのない独特な形状。

着け心地は好みが分かれると思いますが、僕はあまり好きではありませんでした。

自分のお気に入りが決まっているなら、イヤーチップは変えることをオススメします。

「KZ(Knowledge Zenith) ZST」音質レビュー

KZ Knowledge Zenith ZST レビュー 視聴

続いては「KZ(Knowledge Zenith) ZST」の気になる音質について。

再生環境は世界で一番多いであろうiPhoneに直付けの状態で聴いてみました。あとイヤーチップだけ変えています。

あくまで¥3,000円以下のイヤフォンとしての評価、個人の感想として参考にして下さい。

高音のシャリシャリ感はちょっと……

高音に関しては3,000円以下とは思えないほどハッキリと再生されています。

ただ艶のある高音というよりも、少しシャリシャリしたエッジの効いた高音で安っぽさを感じました。

1万円以上のイヤフォンを普段使っている人には不満が出そうです。

ふくよかで締りの良い低音

「KZ(Knowledge Zenith) ZST」で一番驚いたのが、ふくよかな低音の質。

それほどブーストしていない感じで締まりの良い低音を再生してくれています。

モニターライクな音が好きな人は、低音の質に不満を感じないんじゃないでしょうか。

全体のバランスは少し不安定かも

「KZ(Knowledge Zenith) ZST」の音質を全体的に評価すると、高音から低音まで非常に良く再生しています。

ただ、全域の再生能力の高さは目に見張るものを感じましたが、バランス良く鳴っているとは思えません。

中高音の辺りが少し弱く、抜けている印象を受けたので、今後エージングによってどうなるかなといった感じ。

「KZ(Knowledge Zenith) ZST」総合コスパ

KZ Knowledge Zenith ZST レビュー コスパ

ここまでは「KZ(Knowledge Zenith) ZST」の外観、音質をチェックしてきました。

それらを踏まえて「KZ(Knowledge Zenith) ZST」は総合的にコスパが良いイヤフォンかどうかについてです。

3,000円以下なら現状敵なしのコスパ

「KZ(Knowledge Zenith) ZST」はコスパに関して3,000円以下なら敵なしだと思います。

他の中華イヤフォンを全て聴いたことがある訳ではありませんが、音質だけでも3,000円以下とは考えられません。

ハイブリッドドライバイヤフォンとして安すぎる

「KZ(Knowledge Zenith) ZST」は別タイプのドライバを2基積んでいるハイブリッドドライバイヤフォン。

これが3,000円以下で買えるのが異常だと思います。

取り敢えずハイブリッドドライバイヤフォンの音を聴いてみたいなら「KZ(Knowledge Zenith) ZST」を買えば良いでしょう。

デザインが好きならメインになりえる

流石に1万円以上の音質や着け心地をしているとは言いませんが、1万円のイヤフォンと同等なレベルではあります。

デザインが好みなら、手軽に扱えるメインイヤフォンにもなりえるでしょう。

今回は「KZ(Knowledge Zenith) ZST」を購入してみて、僕は今後も気になる中華イヤフォンを試していきたいと思えるロマンを感じました。

「KZ(Knowledge Zenith) ZST」が気になっている人は是非、値段からは考えられない音を聴いてロマンを感じてみては如何でしょうか?

[amazonjs asin=”B01NBKGP6N” locale=”JP” title=”KZ ZST インイヤー式イヤホン スポーツヘッドホン 3.5mm 防汗/防滴/高音質 ステレオ ランニング用 ハイブリッドドライバ高性能 HIFI ダブルユニット重低音 (紫 マイク付き)”]