【レビュー】1000円でVR体験ができるダンボールを購入しました

どうも、VR初体験。ノブトヨム(@nobutoyomu)です。

巷では「Oculus Rift」が話題になっていますね。没入感の素晴らしいとのことで、欲しいとは思いますが10万近い値段は流石に手が届きません。

そこで今回は、手軽にVR体験が出来るダンボール「Linkcool Google Cardboard」を購入してみました。値段は1000円と「Oculus Rift」の100分の1です。

期待はしていませんが、早速このダンボールの実力を見ていきましょう。

スポンサーリンク

組み立て簡単「Linkcool Google Cardboard」の制作

Linkcool Google Cardboard パッケージ2

この商品、内容物はダンボールのみです。

パッケージのダンボールが本体を兼ねているので、本当に必要最低限という感じ。

Linkcool Google Cardboard パッケージ3

裏面には開けるための切込みがあり、ここを引っ張れば開封できるようになっています。

早速、ビリビリと引っ張って開封していきます。

Linkcool Google Cardboard 説明書

開封すると組み立ての説明書が印刷されています。

この説明書は正直分かりづらく、無くても組み立てられるので印刷されていなくても良かったかも。

取り敢えず、組み立てには約5分。完成したのがコチラです。

Linkcool Google Cardboard 完成品

レンズは既に備わっているので、本当に折り曲げたり溝に合わせて嵌めたりするだけ。

小学生向け雑誌の付録を作っている気分で童心に帰れました。

初めてのVR体験! 1000円とは思えない感動

Google Cardboard アプリ

VR機器は用意出来たので、今度はソフトをダウンロード。

この製品は「Google Cardboard」に対応しているアプリを利用します。

今回はiPhone6を利用するのでAppStoreで「Google Cardboard」と検索して適当にダウンロードしてみました。

Google Cardboard アプリ一覧

色いろある中から「Vrse」をダウンロード。

どうやら色々な動画コンテンツをVR体験することが出来るようです。

Google Cardboard Vrse

この動画の中から、更に適当に選んで遂に初めてのVR体験へ!

最初のお相手は、なんかよくわかりませんが海っぽい物にしました。

Google Cardboard Vrseダウンロード画面

……
……
……

凄いな。コレがVRってやつか。

正直ちょっと舐めていました。ゲーミングディスプレイとか買ったほうが有意義とか考えちゃっていました。360度、頭を動かして追従する視界に驚きです。
本当に、その場で体験しているみたいな錯覚が味わえます。

今回の玩具みたいな物でコレだと「Oculus Rift」はどんだけの物なんでしょうか。

まとめ

Linkcool Google Cardboard まとめ

今回は1000円でVR体験が出来るダンボール「Linkcool Google Cardboard」の購入レビューでした。

初めてのVR体験。かなり感動です。

たかがダンボールに1000円は高いと思うかもしれませんが、この体験が出来ると思えば良い買い物ですよ。

軽くVR体験してみたい方は是非チェックしてみてください。

……「Oculus Rift」欲しいなぁ。

それでは、お疲れ様でした。

[amazonjs asin=”B0196BLLLK” locale=”JP” title=”Linkcool Google Cardboard(グーグル・カードボード)3Dメガネ 3d Vrメガネ 組み立て式 NFCタグとベルト付き”]