キャラクターの声をフォントで再現する『MdN 2017年2月号』

MdN 2017年 2月号 アイキャッチ 表紙

どうも、2017年になって一週間が過ぎましたね。ノブトヨム(@nobutoyomu)です。

先日『MdN 2017年2月号』が発売され、購入してきたので軽く特集を紹介していきます。

『MdN』は毎号買っているわけではないのですが、フォントに関する特集の時は購入するようにしています。

今月号は「キャラの声をフォントで再現する方法」というアニメとフォント好きには堪らない内容で注目している方も多いのではないでしょうか?

スポンサーリンク

フォントで表現する幅が広がる

MdN 2017年 2月号 フォント 感情表現

僕が未熟な部分もあり、デザインでフォントを扱う際には見た目や質感にばかり目が行っていました。

今月号で気になったのが、フォントデザインの際に感情を表現するための考え方が特集されており表現の幅が広がったような気がします。

伝えたい感情をデザインに落とし込むという考え方は自分のように「取り敢えずデザインするにはどうすればいいか」と方法ばかり調べては見よう見まねでやっていた人間には感銘を受ける内容だと思います。

もっと勉強しなければいけないと反省ですね。

声にフォーカスを当てた特集が面白い

MdN 2017年 2月号 声 視覚化

今月号の「キャラの声をフォントで再現する方法」の一環として、声自体にフォーカスを当てた項目があり、中々に面白い内容でした。

ナレーション録り等、今まで声を録音する機会は多々ありましたが、この項目は声を視覚化する以外にも録音や声優を目指す人に対しても何かのヒントになるのではないかなといった内容で興味深かったです。

書籍に関する記事は、内容を書き過ぎてもイケないので此処までにしておきます。

『MdN』は”絶対フォント感”などフォントに関した特集の時は大概が面白い内容なので、アニメやフォントが好きな方は是非一読してみては如何でしょうか?

それでは、お疲れ様でした。

[amazonjs asin=”B01MU0GAS4″ locale=”JP” title=”月刊MdN 2017年2月号(特集:キャラの声をフォントで再現する方法)”]