【レビュー】安価なスピーカースタンド「MST20」を購入しました

どうも、気になると部屋の模様替え。ノブトヨム(@nobutoyomu)です。

突然ですが、僕が使用しているモニタースピーカーは「BEHRINGER B3031A」というヘビーウェイトなもの。

今回は、この1本15kgするモニタースピーカーを、CLASSIC PROのスピーカースタンド「MST20」に設置可能かどうか検証してみました。

安いスピーカースタンドの安定感や耐荷重について、気になっている方は是非参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

「MST20」の安定性について

160426-mst2003

「MST20」が届いてから、早速組み立ててみましたが、2本とも15分くらいで終わり簡単でした。

仕様書には耐荷重30kgとなっているので、僕の1本15kgのモニタースピーカーも置けました。

ただし、スピーカーを設置すると多少グラグラと揺れてしまうので、安定性に欠ける印象。

画像を見て分かる通り、台座のサイズを超えたスピーカーを設置していますが、ズレ落ちたりする心配はなさそうです。

「MST20」は安価ながらモニター環境に変化を与える

MST20 B3031A 俯瞰

今回「MST20」に設置し、スピーカーをデスクから離したことで、かなり音に違いが出ましたね。

今までデスクの共振からくる低音が結構あったのだと感じ、今ではスッキリとした出音に満足。

モニタースピーカーやインシュレーターを変える前に、まずはスピーカースタンドを導入することが1番音の変化を感じれると思います。

個人的には以前よりも音がフラットに鳴っているので、もっと早くに導入すればよかったと後悔しています。

安価ながら許容範囲も広くオススメできる

正直なところ「BEHRINGER B3031A」が置けたので、他のモニタースピーカーは大概が設置できるでしょう。

高さの調節機構を使用していないので、もしかしたら高さを上げると不安定さが増すのかもしれません。

一番低い高さで利用する予定なら「MST20」はあなたのモニター環境で充分に成果を出してくれるでしょう。

今回、スピーカースタンドに設置した「BEHRINGER B3031A」の詳しい仕様は下に広告を貼っておくので、皆さんのスピーカーと比べてチェックしてみて下さい。

それでは、お疲れ様でした。

[amazonjs asin=”B001F1ZMHY” locale=”JP” title=”BEHRINGER ベリンガー B3031A スタジオモニター”]