無印良品の「サイドファスナーポケット付ポリエステルリュックサック」は無印な良品

説明しすぎている商品名は無印良品の特権。
どうも、ノブトヨム(@nobutoyomu)です。

突然ですが僕は最近まで、Manfrottoのカメラバッグを日常使いしていました。
Manfrottoのカメラバッグが気になる方はレビュー記事を参照してもらえたらと思います。

機能性抜群のカメラバッグ「Manfrotto Street バックパック」を1年間使ってみた感想

上記のレビュー記事を読んでいただければわかると思いますが、僕は平和な未来と期待の目を背負っています

そこで少しでも肩の負担を少なくするために、無印良品の「サイドファスナーポケット付ポリエステルリュックサック」を購入しました。

かなり説明口調な名前の商品ですが、これが本当に無印な良品だったのでレビューしていきます。
僕と同じように「もう背負うには重すぎるよ」と感じている人は参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

無印良品の「サイドファスナーポケット付ポリエステルリュックサック」レビュー

商品名に全てが記載されているので、正直レビューしても微妙な感じかもしれませんね。
つまりサイドファスナーポケットが付いているポリエステル製のリュックサックです。

今回、僕が購入したのは定番のブラック。このリュックサックには他にもベージュやカーキなどのカラーが用意されています。

ネットではベージュが良さそうに見えたので、店舗に行くまではベージュを購入する予定でしたが、実物を見てブラックに変更しました。

ベージュは正直、暗めの色味で安っぽさが滲み出ている感じでしたね。
まあ価格も3,990円とプチプラプライスなので仕方ありません。

とにかく軽いポリエステルのバディ

以前使っていたカメラバッグが約1,1kg、今回購入した「サイドファスナーポケット付ポリエステルリュックサック」は約0.3kgと段違いに軽くなりました。

素材がポリエステルなので、安っぽさは否めませんが、この軽さは日常使いに大変便利ですね。

リュックサックの大きさもA4ファイルがスッポリと入るので、特に困ることのない丁度いいサイズ感だと思います。

サイドファスナーポケットが便利すぎる

リュックサック背面全体がポケットになっており、ファスナーを開閉してアクセスできます。
これが使ってみると案外、便利な機能なんですよ。

財布などを入れておけば、リュックサックを背負った状態から右手1本で簡単に取り出すことができます。
ファスナーが付いていて、自分以外は取り出しにくいので貴重品などを収納するのに打ってつけだと感じました。

正直、このサイドファスナーポケットは世界中のリュックサックに標準で付けても良いんじゃないかと思うくらい便利でした。
是非このサイドファスナーポケットは店頭で背負って確認してみてください。

「サイドファスナーポケット付ポリエステルリュックサック」は本当に無印な良品

ロゴや装飾もない、本当に無印なデザインのリュックサックに仕上がっています。
このようなシンプルデザインのリュックサックはコーデの邪魔にもならず、探している人は多いんじゃないでしょうか?

また、無印良品では2015年から「リュックサック見直しプロジェクト」というものが開始されました。
リュックサックの使い心地を向上するための2年かけた結構大きなプロジェクトとのこと。

「サイドファスナーポケット付ポリエステルリュックサック」は、このプロジェクトで見直された商品のひとつ。
肩にかかる荷重や必要な収納機能などを見直されているので、本当に使いやすい良品に仕上がっていると感じました。

誰にでもオススメできる定番のリュックサック

今回、無印良品の「サイドファスナーポケット付ポリエステルリュックサック」を使ってみて、誰にでもオススメできる良品だと思いました。

僕のように平和な未来と期待の目を背負っているというふざけた人はもちろん、コーデの邪魔にならないリュックサック、マザーズバッグとしても活躍する良いリュックサックですね。

無印良品は良品週間として定期的に10%OFFのセールもやっているので、それを利用して購入してみても良いと思いますよ。

それでは、お疲れ様でした。