個人経営の喫茶店は初めてのバイトに最適! 僕が経験した仕事の内容

喫茶店のバイトはどのようなものか

どうも、学生時代に喫茶店でバイトしていました。ノブトヨム(@nobutoyomu)です。

喫茶店といえば、働いてみたいバイトとして学生さんたちに人気がありますよね。

喫茶店のバイトにはオシャレ、スマートなイメージがありますよね。僕も実際に働くまでは、そのようなイメージを持っていました。

今回は、僕が実際に個人経営の喫茶店で働いていた経験を元に、喫茶店のバイトの仕事内容とオススメのポイントについて紹介していきます。

喫茶店でバイトしてみたい、個人経営の喫茶店で働くにはどうしたら良いのか気になる方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

個人経営の喫茶店に夢は持たない方がいい

個人経営の喫茶店にはこんな若い女性は来ない

まず最初に伝えたいのは、上の画像のような若い女性が個人経営の喫茶店に来ることはありません。

おばあちゃんに「まだまだ若いじゃないですかー」とお世辞を毎日言うのが通常業務です。

オシャレ、スマートなんてイメージはあくまで幻想です。店員として働くとそんなことを言っている暇はありません。

ただ単に「オシャレそうだから」とバイトをするのは、現実とのギャップにより辞める原因になります。

働く前にキッパリと夢は捨てておきましょう。

接客の基本がしっかりと学べる

個人経営の喫茶店は接客の基本が学べる

個人経営の喫茶店では接客の基本がしっかりと学べます。

チェーン店との違いはフルサービス(最初から最後まで店員が接客する)なので、お客さんと接する機会が異常に多いです。

また、常連さんなどと談笑したりなどバイト中は常に調理と接客業務をこなすことになるでしょう。

カップの出し方から料理を提供するタイミング、お会計時の所作など接客の基本が叩き込まれます。

初めてのバイトで喫茶店を選べば、今後のバイトで困ることは減ると思います。

珈琲を淹れるのが上手くなる

珈琲を淹れるのが上手くなります

僕は3年間働いていましたが、確実に珈琲を淹れるのは上手くなりました。

ただし最初は店内の掃除や接客の基本を学ばなくてはなりません。ほとんどの喫茶店で調理場に入るのは後になってからでしょう。

珈琲の淹れ方を学びだしても、店長の合格が貰えないことにはお客さんに珈琲は提供できません。

合格が貰えてからも、毎日のように数十杯と珈琲を淹れていると嫌でも上達します。

珈琲を淹れるのが趣味という学生さんは、現場で実際に学べばかなり上達するのでどうでしょうか?

喫茶店のバイトはかなり大変な部類

喫茶店のバイトはやることが多く大変

喫茶店のバイトは正直、かなり大変です。

僕が働いていた喫茶店は2人でお客さんを回していましたが、接客だけでなく店内の清掃なども同時にしなければならず忙しかった思い出。

しかし、大変な仕事といってもシフトに融通が利いたり、常連さんと仲良しになったりとストレスは溜まりにくいバイトだったと思います。

実際にどんな仕事をしているのかは、カウンター席に座って眺めていればわかります。気になっている方は見に行ってみては?

地元を離れた学生や初めてのバイトに最適

喫茶店のバイトは地元を離れて1人暮らしの学生さん、人生初めてのバイトの方にオススメです。

地元のことを知れて、接客の基本を最初に学べるのは今後のバイト生活でもかならず役に立つでしょう。

バイト情報誌に載せるのは結構お金が掛かってしまうので、個人経営の喫茶店はバイト募集の際には利用しないところがほとんどです。

ただし、午後から人手が欲しいと思っている喫茶店は多いので、気になった方は一度聞いてみると良いでしょう。

珈琲の淹れ方を学びたいという気持ちを伝えれば、きっと考えてはくれるはずですよ。

それでは、お疲れ様でした。