【レビュー】ハンディスチームアイロン「ツインバード SA-4084」を購入しました

どうも、シワは伸ばさなきゃ気がすまない。ノブトヨム(@nobutoyomu)です。

洗濯する度に1枚1枚アイロンを掛けるのは面倒な作業。1人暮らしの男性でアイロンを持っている人は、正直かなり少ないでしょう。

アイロン掛けが必要なスーツなんかはクリーニングに出した方が安心ですしね。

しかし、そんな生活をしていると時折「今日はシワの無い服で出掛けたい!」という場面で困ります。

僕も最近、そのような場面で困ってしまったので重い腰を上げてアイロンを購入しました。

今回購入したアイロンは、吊るしたままでアイロンが掛けることの出来るスチームアイロン「ツインバード SA-4084」です。

価格.comでも不動の人気ナンバーワン商品。早速レビューしていきましょう。

スポンサーリンク

「ツインバード SA-4084」を開封

160511-sa404802

箱を開けると、アイロン本体に付属品が整列して入っています。

今まで、アイロンと言えば手術とかの時に使われている電気ショックの機械みたいなタイプしか使ったことが無いので変な感じ。

取り敢えず、パパッと出していきましょう。

160511-sa404803

内容物はアイロン本体、アタッチメントが2種類、スタンド、計量カップ、ブラシ、説明書。

出してみると、アイロンにしては色々入ってますね。

この「ツインバード SA-4084」の特徴がスチームなんですが、スチームを出すための水の投入口がこちら。

160511-sa404804

小さくて入れずらそうですが、付属の計量カップを利用したら簡単に入れることが出来ます。まあ最終的には絶対に計量カップを使わなくなる自信がありますね。

デザイン家電でもないので、外観はここまで。続いて実際に使用していきましょう。

「ツインバード SA-4084」を実際に使用してみた

160511-sa404805

実際にUNIQLOのリネンコットンシャツをハンガーに掛けた状態で試してみました。向かって左側がアイロンを掛けていない方、右側がアイロンを掛けた方になります。

完璧に皺が無くなる訳ではありませんが、結構違いが出ているのではないでしょうか?

特に袖の部分は腕捲りの皺が、かなり違いが出ています。

この時点で結構満足だったんですが、もうひとつ試したいことがあったのでやってみました。

160511-sa404806

カーテンの皺と言うより折り目でしょうか。これが以前から気になっており、出来るなら綺麗にしたいと思っていました。

兎に角、カーテンの折り目に向かってスチームボタンを猛プッシュ。

最終的にこうなりました。

160511-sa404807

ちょっと別の跡が出来てしまいましたが、大分マシになりました。

これ良いですね。ここまで買って満足した商品は久し振りかもしれません。使う時のコツは躊躇せずスチームボタンを押しまくること。FPSの心構えと似てますね。

まとめ

今回はスチームアイロン「ツインバード SA-4084」のレビューでした。

ハンガー掛けたままアイロンが出来るので、1人暮らしの男性なんかは重宝しそうです。

普通に押し付けてアイロン掛けすることも出来るので、コレを買っとけば間違うことはないでしょう。

今年、買った物の中では間違い無く個人的ベストバイなアイテムかな?

それでは、お疲れ様でした。

[amazonjs asin=”B000X12IZQ” locale=”JP” title=”TWINBIRD ハンディーアイロン&スチーマー SA-4084BL”]