【レビュー】腕時計「SEIKO SSB031PC」を購入しました

SEIKO SSB031PC アイキャッチ 全体

どうも、時間に疎い男。ノブトヨム(@nobutoyomu)です。

3ヶ月程前、新しい腕時計が欲しくなり「SEIKO SSB031PC」を購入しました。

SEIKOのクロノグラフは多々ありますが、その中でも一際安い約1万円の海外逆輸入品モデルの腕時計です。

今回は「SEIKO SSB031PC」を購入してから3ヶ月経ち、毎日腕に着けて馴染んできたのでレビューしていきます。

スポンサーリンク

約1万で買えるクロノグラフと日本製ムーブメント

SEIKO SSB031PC タキメーター 盤面

このモデルはタキメーターのクロノグラフです。

6時方向にあるのが秒針、9時方向にあるのがストップウォッチの分計、3時方向にあるのが24時間計となります。

赤い針はストップウォッチの為の秒針ですがアクセントになって見やすいですね。

夜間にはルミブライトで時間を確認することが出来ますが、日中腕時計が服に隠れていた場合は光ることは無いので困るかもしれません。

着け心地に関しては普通です。これと言って特筆すべき点はありませんが、ケース厚が厚めなのでスカーゲンなど薄いタイプの腕時計を着けていた方には大きく感じられるでしょう。

SEIKO SSB031PC メタルバンド ワンプッシュ三つ折り

メタルバンドで中留はワンプッシュ三つ折れ式です。

バンド調整はコマを抜いて調整します。自宅で行なう方はコマだけでなく、最後に中留部分で微調整を出来ますので確認した方が着け心地は良くなります。

SEIKO SSB031PC 裏側 ムーブメント

裏面に組み立ては中国を示す「CASED IN CHINA」のシールが貼られていますが、日本製ムーブメントが使用されているのが刻印で示されています。

SEIKOの腕時計ですから日本製ムーブメントは外せません。使用感への安心に繋がり価格の大部分と言っても過言では無いでしょう。

外観は価格相応だが性能はピカイチ

SEIKO SSB031PC 試着

実際に3ヶ月の間、腕に着けて思ったことは外観は価格相応といったところです。

価格以上の高級感はありませんが、チープさも感じられない普通の見た目ですね。

腕にはシッカリとあるのに存在感の薄いベーシックなモデルだと思います。

性能に関しては3ヶ月使用してみて困ったことはありません。

ズレること無く確実に正確な時間を刻んでくれているので、流石はSEIKOと言う他ありません。

強いて不満を挙げるとしたらストップウォッチの秒針リセットでしょう。

ここの挙動が玩具のような戻り方と音でストップウォッチを使う気が無くなります。

ただ、そこまで求めると価格に対して求め過ぎだと思うので我慢。

総評としてはチプカシに飽きた方、ちょっと良い時計の初めの一本に最適な良い腕時計だと思います。

実用的で見栄えも悪くない腕時計を探している方は御一考されては如何でしょうか?

それでは、お疲れ様でした。

[amazonjs asin=”B00B7UUOI0″ locale=”JP” title=”セイコーSEIKO 腕時計 クロノグラフ 逆輸入 海外モデル SSB031PC メンズ 【逆輸入品】”]