「TypeSquare」を利用してブログをWEBフォントにしてみた

このブログのフォント、少し変わっていませんか?

それもそのはず、遂にブログのフォントをWEBフォントに変更しました。

日本語のWEBフォントは種類が少なく有料のものがほとんど。金銭的にも、動作の安定性にも不安があり中々踏み出せずにいました。

しかし「TypeSquare」の評判が良いとのことで遂にWEBフォントを導入!

今回は、ブログを始めたばかりの人やPV数が伸び悩んでいる人に「TypeSquare」によるWEBフォント導入がオススメな点を御紹介します。

導入方法や登録方法などは公式サイトや他のブログでも多く紹介されていますので割合。ブログを始めたばかりの人、PV数が伸び悩んでいる人は是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク

WEBフォントのメリット・デメリット

160417-typesquare02

まずはWEBフォントのメリット・デメリットについて。

そもそもWEBフォントに興味を持っている人は、何かしらのメリットを感じているからでしょう。

多く挙げられるメリットは以下の様な点です。

  • 他のサイトとは違う独自性を出せる
  • 可読性を上げることが出来る
  • OSなどの環境に左右されにくい
  • 画像としてデザインするよりも文字データとしてデザイン出来るためSEOに有利

やはり1番の理由は独自性を出せることでしょう。

ブログの画面で多くを占めるのは文字。フォントを変えることはブログの大部分を変えることに繋がります。

また、可読性を追求したフォントや環境に左右されないなど、読者に対して配慮出来る幅が広がるのも大きいメリットですね。

デザインが好きな人はメニューボタンなどを画像データで扱うこともあるでしょう。

しかし、WEBフォントを利用することで文字データでデザインすることが可能になりSEOに有利になります。読者にとっても、管理人にとってもWEBフォントはメリットが多いと分かりますね。

それではデメリットは、どれほどあるのでしょうか?

  • ページの読み込みが遅くなる。
  • 日本語のWEBフォントは欧文WEBフォントよりも種類が限られる
  • 費用が必要になる場合がある

よく言われるのがページの読み込み速度が遅くなることです。

これはWEBフォントを使う場所を限定したり、利用する文字数を変更することで改善は出来るようです。

このブログの場合だと、全てにWEBフォントを適用した影響で「PageSpeed Insights」のスコアが2ポイントほど低下しました。

また、日本語WEBフォントの種類が少ないことが悩みどころでしょう。特に無料で探す場合だと、現状では2,3種類しかありません。

そこで有料の日本語WEBフォントが選択肢に入ってくるようになります。ただ、そもそもシステムフォントを利用すれば費用は掛からないことから財布の紐が固くなってしまうのではないでしょうか。

以上のメリット・デメリットを考慮し、僕は「TypeSquare」でWEBフォントを導入することにしました。

続いては、僕が「TypeSquare」でWEBフォントを導入するまで、オススメな点についてです。

「TypeSquare」はWEBフォント導入の敷居が低い

160417-typesquare03

「TypeSquare」は初めてWEBフォントを導入する人でも簡単に出来るようにマニュアルが用意されています。

WordPressなどを利用している人なら5分も掛からないのではないでしょうか。

事実、僕も初めてWEBフォントを導入してみましたが、「こんな簡単に出来るのか!?」と驚きました。

マニュアル通りに進めるだけで済むのはブログ初心者でも安心ですね。

160417-typesquare04

そして、実際にWEBフォントを利用するとブログデザインはどうなるのか。登録作業もなくトライアウトで体験することが可能。

ここで実際に自分のブログに合うフォントがあるのか確認出来るので、可能な限り後悔する結果を回避出来ます。

恐らくWEBフォントを導入する時、僕が1番時間を使ったのがココです。

このブログの配色やロゴデザインは和風を意識したので、最初は明朝体を多く試していました。

しかし、やはり明朝体は可読性に難があったので最終的に「TBカリグラゴシック E」に決定。

色々なフォントを試すだけでも、自分のブログの可能性が見れて楽しいですよ。

160417-typesquare05

さて、僕の場合は見出しも本文も、ひとつのフォントで統合しています。

「TypeSquare」には無料プランがあり、一ヶ月のPV数が一万PV以下なら一書体だけ無料で利用可能。

このプランを利用することを前提に見出しでも、本文でも使えそうな書体をトライアウトで選定しました。

この無料プランがブログ初心者、PV数に悩んでいる人にオススメする最大の理由です。PV数が少ない間は費用が発生しないので、初心者には貴重な経験が出来ます。

また、PV数に悩んでいる人はSEOに有利なWEBフォントを導入することで改善することが出来るかもしれません。無料なんだから試してみる価値は十分にあるのではないでしょうか。

ただし、PV数が一ヶ月の間に一万PVを超えると有料プランに変更となります。

費用が掛かるようになってしまいますが、それはそれで嬉しい悲鳴となるでしょう。

有料プランでは使える書体数、ドメイン数が増えるのでステップアップの時期もわかります。

ブログ初心者、PV数に悩んでいる人は是非WEBフォントを導入してみては如何でしょうか?

TypeSqare [タイプスクウェア]

[amazonjs asin=”4798143014″ locale=”JP” title=”続・和文フリーフォント集”]