UNIQLO × JW ANDERSON 2017秋冬の「ケーブルクルーネックセーター」は落ち着く1着

UNIQLO JW ANDERSON ケーブルクルーネックセーター 色味

白が絶望的に似合わない男。
どうも、ノブトヨム(@nobutoyomu)です。

先日、UNIQLO × JW ANDERSON 2017秋冬の「フランネルチェックシャツ」を購入してレビュー記事を書いたところですが、続けざまに同コラボの「ケーブルクルーネックセーター」を購入しました。

そこで今回は、前回に引き続きUNIQLO × JW ANDERSON 2017秋冬の「ケーブルクルーネックセーター」をレビュー。

通常ラインのケーブルクルーネックセーターとの違い、実際に着てみた肌触りなどを中心に紹介していきます。

スポンサーリンク

UNIQLO × JW ANDERSON 2017秋冬の「ケーブルクルーネックセーター」レビュー

UNIQLO JW ANDERSON ケーブルクルーネックセーター 首周り

今回、僕が購入したUNIQLO × JW ANDERSON 2017秋冬の「ケーブルクルーネックセーター」は3カラー販売されています。

まるでベストを着ているような肩からの切り返しが特徴のダークグレーやネイビーが気になっていたんですが、店頭で見てみると「ちょっとアクが強いかも」と断念。
個人的に明るい色のセーターを持っていなかったのでオフホワイトを購入しました。

ただ、オフホワイトの「ケーブルクルーネックセーター」というと、実はUNIQLOの通常ラインにもあるんですよね。

「実際、どこが違うんだろう?」と店頭で見比べてみましたが、腕周りのケーブル模様とネック部分が気持ちコラボの方がシッカリしているという感じでした。

購入価格は期間限定価格の2,990円
どっちが良いとは答えを出せませんが、腕周りを出して着るならJW ANDERSONの方が見栄えは良いと思います。

肌触りは固く、荒っぽく被るセーター

UNIQLO JW ANDERSON ケーブルクルーネックセーター 袖

最初に残念なポイントを書くと、肌触りは良いとはいえませんね
素材がほぼポリエステルですから、期待するのもおこがましいのかもしれません。

ただ現在、UNIQLOは他のニット製品が肌触りの良いものを多く揃えているので、特に差を感じやすいというのもあるでしょう。

ゴワゴワとした肌触りは優しく着るセーターというより、少々荒っぽくシャツの上から被っておくようなセーターだと思います。

袖や裾は程よく締まりのあるフィット感で、ガッシリとした着心地は僕の好みな感じ。
ネルシャツなどの上から着ようと考えているならオススメしたいですね。

色を整える優しいオフホワイト

UNIQLO JW ANDERSON ケーブルクルーネックセーター 色味

今まで僕は、秋冬物のセーターやカーディガンなど暗めの落ち着いた色ばかり買っていました。
そこで今回、初めてオフホワイトのセーターを買ってみたんですが、なかなか良いですね。

重たい色味で合わせがちな秋冬のコーデも、上から「ケーブルクルーネックセーター」を被れば、優しく色味を整えてくれる印象を受けました。

明るいといってもオフホワイトなので、目が痛くなるような白ではなく、落ち着いた白で良い色味をしています。

デニムにレッドやブルーなどのネルシャツを合わせて着ていても、優しいオフホワイトで包むことで、ゴチャっとしたコーデを整えてくれる便利な1着だと感じました。

触れてみてから買うのが良し

UNIQLO JW ANDERSON ケーブルクルーネックセーター 肌触り

今回、購入したUNIQLO × JW ANDERSON 2017秋冬の「ケーブルクルーネックセーター」ですが、肌触りや色味などネット上からでは伝わりにくい要素が多いと感じました。

ダークグレーやネイビーが欲しくて「肌触りは気にしない」という人はオンラインショップで購入しても良いでしょう。
しかし、オフホワイトを買おうと思っているなら一度店頭で触れてみることをオススメします。

色味が好みで、肌触りにも納得できるのなら、この秋冬に大活躍する1着を手に入れることができるでしょう。
是非、店頭まで足を運んでみてください。

それでは、お疲れ様でした。