【レビュー】レトロな中華DAP「xDuoo X3」を購入しました

xduoo x3 レビュー アイキャッチ

どうも、ハイレゾはまだ良いです。ノブトヨム(@nobutoyomu)です。

前回、購入してレビュー記事を出した「AGPtek M20」ですが、残念なことに接触が著しく悪くなってしまいました。

【レビュー】格安MP3プレーヤー「AGPtEK M20」を購入しました
中華メーカーの格安MP3プレーヤー「AGPtEK M20」を購入してみたのでレビューしていきます。今まで使ってきたiPodやウォークマンと違いUIに難がありますが、音質や本体の高級感などは申し分無し。様々な機能などは無く、音楽を聞くことだけが理由ならとてもオススメ出来る商品です。

そこで今回は新しく購入したDAP「xDuoo X3」をレビューしていきます。

「xDuoo X3」はハイレゾ再生が可能なDAPですが、僕はまだハイレゾに興味はありません。

その為、今回の「xDuoo X3」のレビューでは再生能力などについてのレビューは行なっていません。

取り敢えず3日間使ってみた操作性などの使用感をレビューしていきます。

「xDuoo X3」のボディの質感や使用感が気になっている方は参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

購入の決め手は任天堂チックなレトロデザイン

xduoo x3 レビュー ゴールド デザイン

まず特徴的なのが「xDuoo X3」のデザイン。

ゴールドとレッドの配色に有機ELディスプレイの組み合わせは、どことなく任天堂チックなレトロなデザインです。

海外モデルと日本モデルでは、このデザインに違いがあり、日本モデルのみマットな質感のボデイとレッドの再生ボタンとなっています。

僕が「xDuoo X3」を購入した決め手は、このデザインが8割を占めていますね。

スペックと操作性は良し

今回、購入した「xDuoo X3」は最大128GBまで対応したmicroSDカードスロットを2スロット備えています。

ファイルサイズが大きいハイレゾ音源を持ち歩くには、他の製品と比べてアドバンテージとなる仕様だと思います。

操作性についてはサクサクとした操作と安定性を感じました。物理ボタンは安心感がありますね。

バッテリーの持ちは満充電の状態から8時間ほど利用しましたが半分ほど残っています。

スペックシートでは8時間とあるので、ハイレゾ再生はバッテリー消費に関係しているのかもしれません。

UIは改善の余地がある

有機ELディスプレイのUIについてですが、スマホに慣れた僕にはファイル検索が少し面倒に感じますね。

「RockBox」を導入すれば改善されるという意見もあるので、どうしても我慢できない場合は導入してみるのも良いかも。

いざとなれば「RockBox」で改善の余地があるというのは、改善できないUIよりも好印象です。

もし、ハイレゾ再生可能なDAPを安く探しているのなら、かなりオススメできる商品だと思います。

海外モデルは日本モデルと比べて1万円ほど安く入手が可能なので、デザインにこだわりが無ければ検討してはどうでしょうか?

それでは、お疲れ様でした。

[amazonjs asin=”B019I3TYRY” locale=”JP” title=”【国内正規品】xDuoo DSD対応HiFi音楽プレーヤー X3 – Japanese Edition – ブラック X3-J-BK”]